本文へスキップ

Alberry Asia Co., Ltd.は貴社のタイ進出をトータルサポートいたします

From CEO

第10回 2014年 新年のごあいさつ

2014年1月1日


アルベリーアジア代表(CEO)の 増井哲朗です。
皆様 良き新年をお迎えのことと存じます。
新しい年を迎えて、いろいろな夢を描かれていることと思います。

本年も、皆様のタイ進出について、私ども「ALBERRY ASIA」のお手伝 いがお役に立つことを願っています。
さて、新年と言えば年賀状の交換が恒例です。
最近ではメールで済まされるという方も多いと思います。

私がENKEIのタイ法人で働き始めたのが、1995年の9月ですから、18年前の話になります。
当然、年賀状はタイから発送するのですが、せっかくタイから航空便で送るのに、ただ「謹賀新年」だけではもったいないように思うようになりました。

そこで、アジア各地で感じたことを「アジア通信」年賀状というような体裁で、近況とともに送るようになりました。
A4一枚の内容ですから、多くのことをお伝えできるわけではありませんが、「炬燵に入って読むのが楽しみ」とのご評価を励みにして、気づけば16年も書き続けてきました。
そんな訳で、私の知人・友人向けの年賀状ですので、決して万人向けでないことをお断りした上で、新年の賀詞として皆様にお届けしたいと思います。
皆様の今年のご多幸を心からお祈りいたします。
「2014年 年賀状」
新春のお慶びを申し上げます。
皆様穏やかな新年をお迎えのことと思います。

当方、昨年は、コンサルタント事務所の仕事で多忙を極めました。
タイ進出を計画する企業の会社設立から会計業務までの
お手伝いをいたしました。
幸い、皆様のご支援で、スタッフも17名まで増えて、年間20社程度の
案件を扱えるまでに成長することができました。
ありがたいことだと感謝の気持ちで一杯です。

忙中閑、インド人の友人ご夫妻の招待で、バンコク市内のホテルに
出掛けました。
姪御様の結婚披露宴がバンコクのホテル「シャングリラ」で開かれるので、
出て来ないかというお誘いでした。
指定されたホテル内にある「アンジェリーニ」というイタリアンレストランに
出向いてみると、誰も居ません。
スタッフが忙しそうにテーブルのセットをしているのみです。

マネージャーが来て「本日は貸し切りです」「関係者・招待客の方ですか」
と言う。
そこに疲れた顔をした友人が入って来て、事情の説明を受けました。
姪御様が結婚した相手は香港在住のインド人宝石商の跡取り息子で、
将来は社長を継ぐ人物とのこと。
結婚披露宴はインドからも香港からも便利なバンコクで行われることになり、
4日間、「アンジェリーニ」とプールサイドを借り切って、昼夜2部制で
披露宴を行うとのこと。
今日は、昼がブラジルのサンバチームのショウで、夜が香港の有名歌手の
ショウが行われるという説明でした。

私と会ったのが披露宴3日目の昼ですから、連日、深夜までのパーティーで、
疲労が滲むのは当然のことです。
費用は1億円程度とか、インドのお金持ちの凄さを身近に感じました。

ただ、私自身、インド本国での日常の生活を知っているだけに、
この隔絶した格差は心の中で上手く消化できません。
海外で生活するにつけ、日本で問題になっている「格差」とはなにかと
考えてしまいます。
語弊を恐れずに言えば、日本ほど皆に平等にチャンスが与えられている
社会は無いと言えます。
一つ一つ上げたら切りはありませんが、あらゆる点で「日本は当たり前に
凄い国」です。

さて、TPP交渉が締結に向けて、山場を迎えています。
昨年の年賀状では、日本のイチゴの凄さをお知らせしましたが、
今回はリンゴのことを書いてみます。
この頃は、バンコクのスーパーマーケットで、日本産リンゴをよく
見かけます。
産地は長野、青森、山形等々です。値段には結構な幅がありますが、
日本の2-3倍です。
これが、タイ人の富裕層に大人気です。無造作に何個も買い物カゴに
放り込む姿をよく見ます。

先日、当社のスタッフと一緒に食べたのですが、「香りが良い」
「本当に甘いね」と大好評です。
おもしろいのが、その切り分けと盛りつけで、ちょうど、
リンゴの薄造りというような感じで、大きなお皿に綺麗に盛られてきました。
赤い皮の方の厚さが8ミリ、芯の方が5ミリ位でしょうか。
タイでは、よくガヴァなどもこういう形に切って食べます。
この形の効用は、皮が気にならないということです。
果物を皮ごと食べるのに向いているようです。
アップルパイ用のリンゴを生で食べているというような奇妙な感じは
ありますが、一度試してみてください。

今年も素晴らしい出会いを楽しみに、アジアの風景の中でひとがんばり
してみます。

今年の平穏を祈ります。
そして、皆様に取りまして、輝かしい年となりますよう、
心から祈念いたします。

2014年 元旦  増井 哲朗

〈連絡先〉Alberry Asia Co.,Ltd.
115 Rompo Business Center A3, Rimthangrodfaisaipaknam Rd.,
Klongtoei, Bangkok 10110
E-mail:masui@alberryasia.com URL:www.alberryasia.co.th
携帯電話 +66-89-232-0003