本文へスキップ

Alberry Asia Co., Ltd.は貴社のタイ進出をトータルサポートいたします

From CEO

第6回 2013年 新年のごあいさつ

2013年1月1日


アルベリーアジア代表(CEO)の 増井哲朗です。
皆様 明けましておめでとうございます。
新しい年を迎えて、いろいろな夢を描かれていることと思います。

本年も、皆様のタイ進出について、当社のお手伝いが、お役に立つことを願っています。
さて、新年と言えば年賀状の交換が恒例です。
最近ではメールで済まされるという方も多いと思います。

私がENKEIのタイ法人で働き始めたのが、1995年9月ですから、17年前の話になります。
当然、年賀状はタイから発送するのですが、せっかく航空便で送るのに「謹賀新年」だけではもったいないように思うようになりました。

そこで、15年前からは、アジア各地で感じたことを「アジア通信」というような体裁で、近況とともに送るようになりました。
A4一枚の内容ですから、多くのことをお伝えできるわけではありませんが、「炬燵に入って読むのが楽しみ」とのご評価を励みにして、気づけば15年も書き続けてきました。
そんな訳で、私の知人・友人向けの年賀状ですので、決して万人向けでないことをお断りした上で、新年の賀詞として皆様にお届けしたいと思います。
皆様の今年のご多幸を心からお祈りいたします。
「2013年 年賀状」
新春のお慶びを申し上げます。
皆様穏やかな新年をお迎えのことと思います。

当方、昨年は変化の年でした。
2007年から5年間余にわたり、月一回のペースで出張していたENKEI(インド)の業務を、9月の株主総会をもって完了しいたしました。この期間、66回のインド出張で多くの得がたい貴重な経験をいたしました。

インドを去るにあたり、インド人が何故、コンピューターに強いのかということを、インド人の知人と話しました。インド人が世界的に、コンピューター産業に貢献し、多方面に大きな影響力を持っていることはご存じの通りです。
我々も一緒に仕事をしていて、本当にコンピューターを多用するのを感じます。携帯も一人で二台も当たり前です。

話のきっかけは、インターネット普及前のインドでの個人と個人の連絡手段からでした。私がインドから日本宛てに出した絵はがきは、30%しか到着しませんでした。それも、ポストではなく、郵便局に持ち込んだものも含めての話です。結論はインターネットの普及で、初めて面談しない個人間で信頼できるコミュニケーション手段が確立できたということでした。
これは、街角のポストに投函すれば必ず先方に届くという環境で暮らす日本人の想像を絶する衝撃を社会に与えたことと思います。
ちなみに、郵便ポストに集荷予定時間が書かれてあり、ほぼその時刻に郵便局員が来るのは日本だけでしょう。

それから、コンピューターは人々に平等にチャンスを与えるから、数学的なことに興味を持つという民族性以前に、インド人に取っては、魅力的なビジネスの道具だという話がありました。確かに、コンピューターの性能は同じでも、使いこなしの技術は個人により相当な差が出るのは、日常、経験することです。
また、インド人の多くが英語を使えるというのは、コンピューター関連では特に大きな強みになっていると思います。そんなわけで、インド人のこの産業界でのますますの活躍を確信して、インドを後にすることとなりました。
私的には、電波の道の整備と併せて、本物の道路の整備も期待したいところですが・・・。

さて、日本の将来はどうでしょうか。
今、この賀状を準備しているのが、衆議院選挙直前ですので、選挙結果が分からない状態で書いています。各政党、TPP交渉への参加についは温度差があるようです。農産物に限って言えば、もう少し自信を持っても良いように思います。

先日、おもしろい経験をしました。タイ人の知人の奥様がご懐妊ということで、日本からの到来物の「イチゴ」をプレゼントしました。その翌朝、彼の質問が、「あのイチゴは自然のものか、人工的に手は加えていないのか?」
私は当初、質問の意味が分かりませんでしたが、よくよく聞いてみると、奥様が余りにイチゴが甘いので、日本の先端技術で、収穫後、細い針で“何か”を注射したのではと疑っているとのこと。

私が安心して食べて欲しいと説明した後、彼が言ったのは「日本人はいつもこんなに美味しいイチゴを食べているのか」、私が思いきり胸を張ったのは言うまでもありません。それからは「紅ほっぺ」に感謝しながら頂いています。
貿易交渉の行方を心配している農家の方に聞かせたいと心から思いました。

当方、今年は、コンサルタント会社の経営に集中いたします。
日本企業の「タイ進出支援」という初心を忘れずに、「安心を与える」仕事をしていきたいと考えています。
興味のある方はwww.alberryasia.co.thでホームページを視ていただければ、ありがたく思います。

今年の平穏を祈ります。
そして皆様に取りまして、輝かしい年となりますよう、心から祈念いたします。

2013年 元旦  増井 哲朗

〈連絡先〉Alberry Asia Co.,Ltd.
115 Rompo Business Center A3, Rimthangrodfaisaipaknam Rd.,
Klongtoei, Bangkok 10110
E-mail:masui@alberryasia.com URL:www.alberryasia.co.th
携帯電話 +66-89-232-0003